スポンサーリンク

マジックリンで水性アクリルは消せる!

2019年11月13日

こんにちは。

ここ数年前からシタデルやファレホなど、高性能な水性塗料が現れて
最近水性塗料界隈も注目を浴びてきていますね。

僕もラッカーのニオイが苦手なので、水性塗料を愛用しています。


ただシタデルは通販で手に入りはしますが、お値段12mlで一色560円から。
正直価格的に何色もホイホイ買えるものでもありません。


代わってファレホは17mlで319円。
容量が少し多めで値段もあまり高くはないですが、
ボークス専売なので、一部の地域でしか買えません。
公式サイトで通販もやってますが、送料一律800円とかなりの値段。


ここはやはり入手性・価格を考えると、性能は1ランク落ちても
水性ホビーカラー・タミヤアクリルを使っている人が多いと思います。
10ml 価格165円
塗料は消耗品ですし、すぐに手に入れられるのは大きいです。
エアブラシで吹いてるとバンバン消費しますしね。

また、この2つは成分がほぼ一緒で混ぜて使う事もできます。


で、前置きが長くなりましたが
この水性ホビーカラー・タミヤアクリルと相性がとてもいいのが

「マジックリン」!

油汚れのお掃除に使うアレです。
このマジックリン、水性ホビーカラーとタミヤアクリルを
溶かして落とす事が出来るのです。


塗装して間違えた時にドボンしてリセットも簡単。
また、用具の洗浄にも使えます。
(成分の強いアルカリ性なので、洗った筆などは必ず水洗いしましょう)

使う時は原液だと強すぎるので、水で薄めて使うのがいいでしょう。


【まとめ買い】マジックリン ハンディスプレー 本体+付替え×2個


水性ユーザーの方には結構有名な話なので
何を今更…と思われるかもしれません。
が。

こういう使い方もできます。


このパーツをエアブラシを使ってアクリジョンでオレンジに塗りました。


この上から、同様にエアブラシを使って
タミヤアクリルのグレーで下に塗ったオレンジを塗りつぶしてしまいます。


で、綿棒に薄めたマジックリンを含ませて(この時はマジックリン1:水1)
グレーの部分をこすっていくと…

丁寧に拭き取れば、このように
マスキングなしでもキレイな塗り分けが可能なのです。

この際、下に塗る1層目はラッカーでも大丈夫です。
要はマジックリンで消えない塗料ならこのワザが使えます。


シタデルや、イラスト風模型などで人気のアクリルガッシュも
マジックリンで消す事ができます。
ファレホも完全乾燥前なら消せます。

アクリルガッシュ














筆塗りで間違えてはみ出た!って時にも
重宝しますし、他にも
ロボものの肩・腰・足首アーマーなどの裏に黒を塗ると
かなり映えますが、これもマスキングなしで

水性アクリル黒で裏をエアブラシ塗装

はみ出た部分をマジックリンで拭き取ってキレイに!

という事もできます。


また、僕が結構使ってるのが
イラスト風…アニメ塗りの1影をつけるのに
まず影色で塗りつぶしてから


影になる部分を残してマジックリンで拭き取り


そこから2影→ハイライト→エッジ線で仕上げたりしています。

1影って面積が結構広いし、筆塗りでムラのない
キレイな塗りが難しいのでこういう方法を編み出したのでした。


HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムバルバトスルプスレクス 1/144スケール 色分け済みプラモデル


水性アクリル+マジックリン、相性バッチリでプラにもノーダメージ。
かなり使えますよ!というお話でした。
まだご存じなかった水性ユーザーの方は
ぜひ使ってみてはいかがでしょう。オススメです!


近々「新」水性ホビーカラーが発売されるようですが
このように「マジックリンで消せるか」が非常に気になっています。
買って試してみなくては…!



ではまた!


【業務用 油汚れ用洗剤】マジックリン 除菌プラス 4.5L(花王プロフェッショナルシリーズ)

広告