スポンサーリンク

ゲートの切り出し、一度切りと二度切りの組立時間比較

こんにちは。

前回から続いてるパチ組み時間検証、まだ終わりません。

今回は、ランナーからパーツを切り離す際に
ゲートを一度切りと二度切りで
組み立て時間がどれくらい変わるのか

検証していこうと思います。


パーツの切り出しの時、ゲートの二度切りが推奨されてますよね。
ゲート跡をキレイにするためのテクニックです。

パーツをランナーから直に切り離すと
ゲート跡がえぐれてしまう事があるからです。

ただ、ぶっちゃけ
「ゲート跡のえぐれとかどうでもいいよ、二度切りとかめんどくさい」
って人も中にはいらっしゃるのもわかります。


そこで今回、この一度切り・二度切り比較検証をしてみる事にしました。

使うキットはこちら、プレバンのフルドドⅡ拡張セット。
3つ買ったので、検証にちょうどいいかなと思います。


行う検証内容とは

まず組むキットに慣れるために1体目を適当に組む

2体目でゲート二度切りのタイムを計る

3体目でゲート一度切りのタイムを計る

比較!

となります。


1体目を組んだ後に2体目を組むのって、慣れが生じて
どうしても1体目より組むのが早くなりますよね。

ただ慣れが生じた2体目以降はさほど差は出ないでしょう。
こうすればほぼ立ち位置が同じ状態でスタートできると思い
このような形式を取りました。
ちょうどキットも3箱ありますし。


では慣らしの1体目。
一応組んだ時のタイムはこうです。

52分かかりました。
オプションパーツなのでこういうキットなんですよ。


ではいよいよ2体目。
ここでゲートの二度切りを行った時のタイムはこうでした。

34分。


最後の3体目。
ここでゲートの一度切りで組んでいった時のタイムはこう。

24分!
2度切りの時よりも1/3近く組み立て時間が短縮されています!


とはいえ、流石に一度切りだと
こんなパーツも出てきます。

これはまあ綺麗さを犠牲にしてるので仕方ないですね。


という訳で、一度切りだと綺麗にとはいかないものの
二度切りの時よりも結構な時間短縮に繋がる結果となりました。


さて、いかがだったでしょうか?
もし組む際の参考になったようでしたら幸いです。

近いうちに動画にもまとめたいなと思います。



ではまた!

広告