スポンサーリンク

パチ組み時間短縮 比較をわかりやすくしてみた

こんにちは。

性懲りもなくパチ組み時間短縮検証は続いています…。


前々回、ハイゼンスレイⅡで僕の考察した
時間短縮方法あれこれを取り入れて組立時間を計りました。
(詳細は前々回にて…)

そうすると、3時間26分という結果に。


で、比較対象の無対策組立の寒冷地ジムの結果は

3時間40分


ハイゼンスレイⅡの方が値段もパーツも高いので
時間短縮効果が出ました!


…という結論だったのですが、

ぶっちゃけ比較としてわかりづらいですよね…。


そこで、寒冷地ジムと同価格帯のキットを使って
タイムを計れば、実験結果としてわかりやすいのではと!


というわけで前置きが長くなりましたが、
今回はその同価格帯のキットである、
MGジムスナイパーカスタム
で時短方法を試していきましょう。


ちなみに価格としては

MGジム寒冷地仕様  定価4,212円
MGジムスナイパーカスタム 定価4,400円(税10%込)

同じジム系だし箱の大きさも同じ。
比較対象としては申し分ないと思います。


では組んでいきます。



組立完了!
タイムはこちら。

2時間58分!

無対策の寒冷地ジムが3時間40分だと考えると、
劇的な短縮ではないにせよ、まあまあな結果ではないでしょうか。

もしかしたら、というかきっとさらに良い
時間短縮法があるかもしれません。


今回の一連のパチ組み時間短縮の研究は
ひとまずここまでにしておきます。

やれる事はやった感ありますが、皆さんの方で
他に何か時短策ありましたら教えて頂ければ嬉しいです。

ここ数日で結構組んだので、
パチ組みはしばらくいいかなって気もしますが(笑


それでは!

広告